注目キーワード
  1. SIM
  2. 遊戯王
  3. クワガタ
  4. ゼロワン

契約して買う前に知りたい!格安SIMはなぜ安いのか?そもそも格安SIMとは何なのか?

  • 2020年3月12日
  • 2020年3月26日
  • SIM
  • 19view
SIM
「なんで通常のauより〇〇モバイルの方が月々にかかる携帯料金が安いんだニャン?」、「そもそも格安SIMってなんだニャン?」っと悩んでいる方へ。

そんな方にこの記事でできるだけ分かりやすく書かせていただきました。

この記事を読んでわかること以下の通りになります

格安SIMについてなんで安いのかがわかる。

格安SIMのメリット、デメリットがわかる。

の2つになります。

それでは説明にはいります。

 

MVNOの格安SIMが安い理由【主に3つ紹介します】

 

まず、最初の方だと分からない単語がでてくるので少し書かせてもらいます。

3大キャリアソフトバンク、au、ドコモの3大大手会社のことを言います。

MVNO「Mobile Virtual Network Operator」の略称です。日本語では「仮想移動体通信事業者」といいます。

3大キャリアから通信設備を借りる会社のことです。

3大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)から通信設備を借りている

携帯代が格安になっている原因の一つは、3大キャリアからMVNOが通信設備を借りているからです。

普段は3大キャリアにお客様が直接契約することによって、自分の通信設備使うことができます。

MVNOの場合は、3大キャリアの通信設備を借りることによって、携帯代が格安になる通信サービス会社です。

ただし、3大キャリアに借りている通信設備は回線速度が遅い通信設備を借りています。

例:回線速度

自分が直接契約している通信速度→4G回線
MVNO通信速度→3G回線

人件費や店舗維持費がかからない

携帯代が格安になっている原因の一つは人件費、店舗維持費が必要ないからです。

なぜなら、店舗販売をやっているところもあるとは思いますが、ほとんどはネット通販になっています。

ネット通販だと店舗維持費も人件費も使わないので、携帯代のコストを下げることができるのです。

なのでタブレット、スマートフォンを格安でお客様に提供することができるのです。

端末もネット販売なので通常価格より少し安くなっているのがすごいところです。

 

ほか端末でのSIMの入れ替えが可能

タブレット、スマートフォン余分に持っているから格安SIMを端末にいれることはできないの?と思う方がいると思います。

結論から言うと…できます。

もともと持っているタブレット、スマートフォンのSIMを外して、MVNOの格安SIMに切り替えることができる。

ご利用になっていたキャリアの携帯でMVNOが借りているキャリアと一致していれば格安SIMをお持ちのタブレット、スマートフォンにいれてつかうことができます。

ただし、キャリア変更の場合の格安SIMを入れ替えはできませんので、キャリアの契約きったりなどの手続きがかかる恐れはあります。

 

格安SIMにはデメリットはあるのか?

通信速度がキャリアのと比べると遅い

キャリアと直接契約している方が通信速度は早いです。

通信速度が良い分動画は止まらないでみれるのと良い画質でみることができます。

通信速度重視の方動画など見られるときの画質が荒いのが嫌だという方はオススメはしません。

しかし、値段は段違い格安なので使えればいいかなと思う人は格安SIMでいいんじゃないかなと思います。

 

分からないことがあった場合、店舗がないので電話とのやり取りになってしまう

ほとんどはネット通販です。直接お店の人に聞きたいということができません。

なので、MVNO会社のオペレーターが対応することになります。実際店の方と直接会って話した方がわかりやすいと思います。

しかし、今の時代だとググればなんでもでてくるので、電話しなくても解決してしまうかもせれませんね。

 

おすすめのMVNO

楽天モバイル

楽天会員に入会している人、楽天市場でよくお買い物をする人はオススメ!

【契約、機種変更の前にお伝えしたい楽天モバイルの3つのメリットとデメリットをご紹介!】

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのキャンペーンで動画見放題の「エンタメフリー・オプション」がある

【評判の良い格安SIMのオススメは、BIGLOBEモバイル!!簡単にメリットとデメリットをご紹介します】

 

LINEモバイル

コミュニケーションフリーというSNS系の通信制限が無制限!

【LINEモバイルのいいところを簡単に4つだけご紹介します!】

 

まとめ

 

MVNOの格安SIMが安い理由

3大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)から通信設備を借りている
人件費や店舗維持費がかからない
ほかの端末でのSIMの入れ替えが可能

格安SIMのデメリット

通信速度がキャリアのと比べると遅い
分からないことがあった場合、店舗がないので電話とのやり取りになってしまう

どうだったでしょうか?

この記事で説明させていただいたのが基本的な格安SIMが安い理由になります。

携帯代の月額料金の金額を抑えたい方は、ぜひとも自分に合っているMVNO会社を探してみてください。

 

ここまでご愛読していただきありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!