注目キーワード
  1. SIM
  2. 遊戯王
  3. クワガタ
  4. ゼロワン

仮面ライダーゼロワン第2話『AIなアイツは敵?味方?』感想!まとめ!

  • 2019年9月22日
  • 2019年11月22日
  • zero-one
  • 62view

前回の第1話の関連図

Highlight image1

AIなアイツは敵?味方?

第2話の内容

AIのリーディングカンパニーである飛電インテリジェンスの代表取締役社長となった或人のもとに、A.I.M.S.(エイムズ)というAI犯罪の捜査を行う特務機関の不破諫(ふわ いさむ)と刃唯阿(やいば ゆあ)が訪ねてくる。遊園地でヒューマギアが暴走した事件について、飛電インテリジェンスが隠し事をしているというのだが―――。 https://www.kamen-rider-official.com/summaries/3

飛電インテリジェンスがヒューマギア事件を隠蔽?

第1話で起きた遊園地のヒューマギア事件のことについて、 A.I.M.S.の不破諫(ふわ いさむ)と刃唯阿(やいば ゆあ)が訪ねてくる。

飛電インテリジェンスは、その事件をを隠蔽する。

不破は15年前の事件と重ねていて、秘蔵会社を憎んでいて、ヒューマギアをも憎んでいた。

不破さんが暴れまくる

飛電インテリジェンス の会社の中にマギアが侵入し、不破達が武力を行使する。

不破はその時、変身しようとするが、キーにロックがかかっていた為、変身できずにマギアを取り逃がしてしまった。

変身しなくても銃(エイムズショットライザー)自体が強い為、当たればマギアはかなり怯むみたいです。ちなみに、変身キーのロック解除は 刃唯阿の許可が必要となる。

ヒューマギアはマギア化になってしまったら、もう元に戻れない。破壊するしか方法がない。

飛電インテリジェンス会社の警備員ヒューマギア「マモル」がマギアから人々を守る為に、傷を負ってしまった。アルトはその傷をハンカチで隠す(アルトなりの気遣い)。

ここから、ヒューマギアに対してアルトは人と近いくらいヒューマギアを思っているんだなと感じ取れました。

しかし、そのマモルまでもがマギアになってしまった。社長秘書イズが言うには、マギアになってしまったヒューマギアは倒すしかないとこと。

さっき人と同じくらいヒューマギアのことを思っているアルトに対して、過酷な選択でした。その内、中間フォームでマギアからヒューマギアに戻せるフォームが出ればいいなと思っています。

2号ライダー『バルカン』登場!!

拳銃使いとして、2号ライダー『バルカン』が登場しました。銃を基本ベースにして戦う。

必殺技がどこまでも弾が追尾機能を持っていて、周りに邪魔な物体があっても物体を避けて、敵に目掛けていく。

弾が3匹のオオカミになり、敵に目掛けて飛んでいく。当たったマギアは爆散した。

第2話目からもかなり面白い!

2号ライダーもう登場で、展開が早い。無駄なストーリー展開もなく、主人公アルトがヒューマギアに想いやっていくシーンが多い話でした。

次回予告:第3話『 ソノ男、寿司職人 』にしてもう3号ライダー登場!

次回予告で、もう3号ライダー登場します!

3話目で⁉︎っていう驚きもありますよね!

仮面ライダーゼロワンは展開がパッパッパっと進んでいくのが楽しいです!

↓次回予告の無料動画です!!!

次回の感想はこちら↓

最新情報をチェックしよう!